戦術・戦略に関するサッカー英語


戦術・戦略に関するサッカー英語

戦術・戦略に関するサッカー英語は、オリジナルのまま日本語として使われていることが多くみられます。

「ディフェンシブ」とか、「オフェンシブ」って、そのまま日本語になっちゃってますよね。

ただし、時々気をつけたいのが、間違った意味でサッカー英語を輸入しちゃったパターンが多いことです。
本来、そういう意味じゃないのに日本語として定着してしまった英語。
有名なところでは、「ロスタイム」でしょうか。

将来、マンUの香川真司選手のように、プレミアシップで活躍する選手になることを目標に頑張っているサッカー少年たちも、戦術の表現はしっかりと覚えておきましょう。

日本人の勤勉さは、海外でも定評があります。監督の指示を的確に実行する。
今の日本人プレーヤーに求められている最大のポイントです。


age restriction

aggressive defence

anchor

attacking midfielder


central midfielder

centre-back

centre forward

custodian


defensive midfielder


flowing football

four-four-two


goal keeper


have got -


left-back

left midfielder

left winger

line-up


maintains a high defense

manager


on the flank

opponent

opposing players


playmaker

play on the counter attack

play up front


right-back

right midfielder

right winger


set-piece

sideline

squad

sweeper


wing back

 
トップページへ戻る / このサイトについて / サイトマップ 

選手の声 / 実況のサッカー英語 / 設備のサッカー英語

戦略のサッカー英語 / ピッチ上のサッカー英語

フィジカルのサッカー英語 / サッカーファンの英語

サッカー英語辞典 / 格安語学留学