戦術に関するサッカー英語


戦術・戦略に関するサッカー英語

戦術・戦略に関するサッカー英語は、オリジナルのまま日本語として使われていることが多くみられます。

「ディフェンシブ」とか、「オフェンシブ」って、そのまま日本語になっちゃってますよね。

ただし、時々気をつけたいのが、間違った意味でサッカー英語を輸入しちゃったパターンが多いことです。
本来、そういう意味じゃないのに日本語として定着してしまった英語。
有名なところでは、「ロスタイム」でしょうか。

将来、マンUの香川真司選手のように、プレミアシップで活躍する選手になることを目標に頑張っているサッカー少年たちも、戦術の表現はしっかりと覚えておきましょう。

日本人の勤勉さは、海外でも定評があります。監督の指示を的確に実行する。
今の日本人プレーヤーに求められている最大のポイントです。

 


ウイングバック


カウンター狙い

監督

ゲームメイカー

攻撃的守備

攻撃的ミッドフィールダー

ゴールキーパー


サイドで

守護神

守備的ミッドフィールダー

スウィーパー

スタメン

セットプレー

前線でプレーする

センターバック

センターフォワード

センターミッドフィールダー


対戦相手

タッチライン

ディフェンスを高く保つ

敵の選手


流れるようなパスサッカー

年齢制限


左ウイング

左サイドハーフ

左サイドバック

ベンチ

ボランチ


- をマークする

右ウイング

右サイドハーフ

右サイドバック

メンバー(選手)


4-4-2

 
トップページへ戻る / このサイトについて / サイトマップ 

選手の声 / 実況のサッカー英語 / 設備のサッカー英語

戦略のサッカー英語 / ピッチ上のサッカー英語

フィジカルのサッカー英語 / サッカーファンの英語

サッカー英語辞典 / 格安語学留学